筆者が先日スキーに行ったという報告はしました。

その際に見た光景を更に追加で報告します。

 

まずは上越新幹線

上越新幹線 MAX2階建 10feb2019.jpg

MAX2階建 全ての車両が2階建なのです

2階に乗りましたが、通路を挟んで

シートが両方とも3席です

東海道新幹線などは普通車は2席と3席ですね

 

両方が3席ということはひとつの席の幅が小さい

のでしょうが、驚いたことに3席繋がっていて

リクライニングにならないのです

口の悪い人は「奴隷船」と言ってました

 

 

筆者が乗り込んだのは「熊谷駅」です。

この地域は通常あまり雪は降りません。しかしその日は埼玉県でも(実は東京でも)雪が

降りました。

 

そこで次の写真です。

上越新幹線 熊谷駅散水 10feb2019.jpg

 

良く見ないと分かりませんが

スプリンクラーが作動しています

 

線路に雪が積もらないように水を撒いているのです

 

埼玉県でもこんな装置があったのかと写真を撮りました

 

 

 

 

大したことでもないのですが、何にでも興味を持つことが重要ですよね。(笑)

 

 

筆者は16年ぶりにスキー場に行きました。

かつては年間に十数回スキーに行っていた時期もありましたが、最近はずっとご無沙汰でした。

 

スキー場と言っても、越後湯沢駅から歩いて3分という「ファミリーゲレンデ」と謳っている

「湯沢一本杉スキー場」というところで、小さな子供を連れたファミリーが集まるところです。

リーフは1系統しかなく、ゲレンデの上から下まで400mという小さなスキー場です。

http://www.ipponsugi.net/

 

スキーで滑っている子供もいますが、ソリを楽しんでいる子供も大勢います。

日曜日には「餅つき大会」もあります。

 

一本杉スキー場 餅つき 10feb2019.jpg

 

本当の臼と杵でつきます

順番につかせてくれるので

列を作って待ちます

また、つきあがった餅は無料で

ふるまわれます

 

 

 

 

 

ファミリーゲレンデ そり 10feb2019.jpg

 

 

ソリも楽しそうです

自分の足で上らなければならないので

体も鍛えられますね

 

 

 

 

 

 

ファミリーゲレンデ 一本杉 10feb2019.jpg

 

ゲレンデ全体の風景です

のんびりしています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

筆者はリフトを使って4回滑りましたが、16年ぶりだったことと、レンタルスキーのエッジが

切れなかったので、苦労しました。(道具のせいにしていますね)

 

 

秩父鉄道にはSL(蒸気機関車)が走っています。

http://www.chichibu-railway.co.jp/slpaleo/

 

上記のサイトによると「2月2日~3月3日」までの冬季期間は「毎週土日休日」に運転している

ようです。

筆者も久しぶりに秩父鉄道に乗ったら皆野駅にはこんな宣伝が出ていました。

 

秩父鉄道 SLのぼり.jpg

 

かなり大きな幟(のぼり)です

皆さん、乗りに来てくださいという

気持が良く分かります

でも、皆野駅を使う人はあまり乗らないと

思いますよね

都会の人にアピールしないと

 

 

 

 

秩父鉄道SL 看板.jpg

 

通常はこんな感じで

告知(宣伝)しています

この雰囲気「昭和レトロ」

でしょう

これを見るためだけに

秩父を訪れる人もいます

 

 

 

 

秩父鉄道皆野駅.jpg

 

皆野駅の全景です

映画の撮影にも

使えますね

 

 

 

 

 

 

 

 

SL(蒸気機関車)だけでなく、秩父には冬でも観光名所がたくさんあります。

芦ヶ久保、小鹿野、大滝に「氷柱」という氷の芸術があります。

人工のもの、天然のもの、いろいろあるので楽しいです。

http://www.chichibuji.gr.jp/event/turara/

秩父にお越しください。

 

 

当社の第3工場になる茨城那珂工場(茨城県那珂市)が一部稼働しました。

従来からある「旧体育館」を栽培室にして、事務所及び機械室を新築したものです。

これから隣接に「栽培室」を増設する「第二期工事」も予定しています。(夏には完成)

 

この「第一期工事」で完成した部分で「日産1400株」です。

まだ、フル稼働ではありませんが、出荷も始まっています。

 

茨城那珂工場 第一期工事完了 前景 29jan2019.jpg

 

第一期工事部分の

全景です

 

 

 

 

 

 

 

 

茨城那珂工場 栽培室 50%稼働 29jan2019.jpg

 

栽培室を見学窓から

覗いています

まだ稼働しているのは

半分くらいですが

収穫も始まっています

 

 

 

 

 

茨城那珂工場 梱包室 29jan2019.jpg

 

梱包室の様子です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

茨城那珂工場 仮看板 29jan2019.jpg

 

工場敷地の入り口にはこんな

仮の看板も出しました

 

 

 

 

 

 

 

 

これからどんどん出荷が増えていきます。

野菜工房も頑張っています。

 

 

みなさん、「和同開珎」ってご存知ですか?

日本で初めて銅が算出されたことを記念して作られた日本製の通貨です。

その時には「元号」も「和同」に代えられたそうです。

 

次のサイトのいろいろな背景が書かれています。

 https://kaiun.website/archives/2602

 

筆者はこの「聖神社」「和同遺跡」の傍に住んでいるので、行ってみました。

聖神社には一時期「宝くじに当たりました。〇〇億円、ありがとうございます」などという

絵馬がいっぱい飾られていたことがありました。

現在はあまりに多くて、どうも神社が自粛しているようですが。

 

和同開珎記念碑 1jan2018.jpg

 

これが和同開珎を模して

建てられたモニュメントです

非常に大きなものです

 

 

 

 

 

 

 

モニュメントの近くに「和同遺跡」の謂れを書いた説明文もあります。

和同遺跡解説 1jan2019.jpg

 

ちょっと字が小さいですが

どうにか読めますよね

西暦708年(8世紀)に

日本で初めて銅が発見され

これを喜んだ天皇が元号を

和同に変えたとあります

 

 

 

 

現在でも奈良まではかなり遠いのに1300年も前に、銅を奈良まで運んだんですね。

その発見が世の中(元号)を変えるまでの衝撃だったということですね。

すごい話です。

 

 

1月23日に宇都宮市で「めぶき食の商談会 2019 in 宇都宮」が開かれました。

当社は初めての参加です。

 

茨城那珂工場の建設に際して「第三者増資」を行った際に引受をしてくれた「めぶき地域創生ファンド」

は「めぶきファイナンシャルグループ」のファンドです。

このため、株主から紹介されてこの「食の商談会」に参加しました。

 

めぶき商談会 野菜工房ブース 23jan2019.jpg

 

野菜工房のブースです

この展示ブースは通常よりも

大きかったので「会社の旗」が

いかにも小さい感じとなって

しまいました 残念です

 

 

 

 

 

IMG_1744.jpg

 

このようにブースが

ずらりと並んでいます

 

 

 

 

 

 

 

 

これから3月にも東京での展示会に出席します。

この種展示会では実際の商談もさることながら「野菜工房」という会社があると知ってもらう

ことも重要ですね。

 

 

秩父は雪はあまり降りませんが、冬は寒いです。

今朝の自動車の温度計では「マイナス5℃」でした。

寒い時にはマイナス10℃くらいまでいきます。

 

秩父は寒い 25jan2019.jpg

 

今朝の7時54分に

氷点下5℃でした

最近はいつも「氷点下3~5℃」

です

 

 

 

 

 

 

秩父初雪 22jan2019.jpg

 

秩父はあまり雪が降らないと

言いました

今年の初雪は22日(火)でした

それもちょっとだけです

東京はもうとっくに初雪ありましたよね

 

 

 

 

 

 

秩父は冬は寒いですが、ほとんど晴天です。

家の窓から外を見たり、昼間の自動車にいると「本当に明るい、のどかな風景」です。

本当は外に出ると寒いし、風はふくし、辛いですが。

 

そして、夏になると暑くなります。

「熱いぞ熊谷」は有名になりましたが、筆者が子供のころは夏は熊谷よりも1度くらいは

暑かった記憶があります。

最近は「ヒートアイランド現象」で、熊谷や館林に負けて(?)いますが。

 

みなさんもご存知だと思いますが、現在金沢まで来ている「北陸新幹線」は将来的には福井県を

経由して京都まで延長することが計画されています。

福井県の人にすると「熱望」している新幹線です。

 

筆者が福井南越前工場に出張する際に「福井駅」に立ち寄ったところ大きな看板で「新幹線」を

熱望している様子が表示されていました。

 

新幹線熱望    福井駅看板.jpg

 

 

新幹線、来るぞ 来るぞ

 

 

 

 

 

yjimage[2].jpg

 

走らせよう!北陸新幹線

「福井は日本列島のまん中

 より近くより便利だ!」

 

 

 

 

 

「新幹線熱望」「熱烈歓迎」の様子が良く分かります。

 

福井新幹線工事 8jan2019.jpg

 

これは国道8号線から見えた

工事の様子です

 

多分、新幹線の工事です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

金沢から福井を経て、京都まで行くルートで決定したようです。

越前市(武生駅の近く)に新幹線の駅ができるそうです。

 

2019年も明けました。

謹賀新年 2019年.jpg

 

 

明けましておめでとうございます

 

本年もよろしくお願い申し上げます

 

株式会社 野菜工房

 

 

 

 

 

2019年が始まりました。

植物工場というのは「年間を通じて、同じ品質、同じ価格で、計画的に供給します」という

ことがモットーなので、年末年始もできるだけお客様のご希望に沿えるように出荷を続けて

います。

野菜工房は2工場(まだ茨城工場は本格的な出荷していない)を順繰りに稼働・休業させる

ことでほぼ毎日出荷していました。

これからは「茨城那珂工場」からの出荷も本格的になるので、益々安定的な出荷が可能と

なります。

 

筆者個人としては自宅に居ても電話が掛かって来たりして、完全に休みの日はなかったという

悲しい状況でしたが、ご注文を頂けるというのはありがたいことです。

 

今年も頑張ります。

 

 

2018年も終わろうとしています。

今日は12月30日(日)ですが、埼玉秩父工場は稼働しています。

工場ごとに休む日をずらして、お客様への出荷を繋げるためです。

元旦(1月1日)だけは3工場全てがお休みにしました。

 

野菜工房の2018年は埼玉と福井の2工場を運営しながら、「第3工場」を建てるために

奔走したという1年でした。

実際には2016年秋から「新しい工場」を作りたいと計画して、資金手当、場所探しを始めては

いたのですが、特に資金の手当が大変でした。

 

自己資金には限界があるし、有利子負債をやたらに増やすわけにはいかないので、新しい

株式を発行(増資)して資金を得るという方法を考えました。

いろいろな会社とお話しました。

 

事業会社あり、今話題の官民ファンドあり、かなり具体的に交渉したところも複数ありました。

最終的には2つの銀行系ファンドに新株式を引き受けて貰い資金を得ました。

 

場所としては比較的早くから「茨城県那珂市」の現在の場所が有力候補でした。

2018年7月に増資を完了して、夏から新工場の建設工事を始めました。

 

11月末には一部(日産1400株)が完成して、播種を始めました。

既に、試験収穫や「細菌検査」を実施しています。

本格的な出荷は新年早々だと思っています。

 

茨城新工場 工事中外観 27nov2018.jpg

 

 

この写真ではまだ

工事の廃棄物が

残されています

現在はきれいに

なっています

手前に事務所と機械室が

あり、後方の高い建物が

栽培室です

 

 

茨城工場 作業準備 12dec2018.jpg

 

上下6段ですが現在は下の3段で栽培が

始まっています

小さくて見難いですが、明かりの点いている

ところに緑色のレタスが見えます

 

 

 

 

 

 

茨城工場 包装機 19dec2018.jpg

 

自動包装機と手詰用のヒートシーラーも

届きました

まだ、正式な場所に配置されていませんが

2つ並んで置いてあります

 

 

 

 

来年の夏ごろまでに新棟も完成すれば「日産4200株」になります。

 

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

最近のコメント

アイテム

  • 上越新幹線 熊谷駅散水 10feb2019.jpg
  • 上越新幹線 MAX2階建 10feb2019.jpg
  • ファミリーゲレンデ 一本杉 10feb2019.jpg
  • ファミリーゲレンデ そり 10feb2019.jpg
  • 一本杉スキー場 餅つき 10feb2019.jpg
  • 秩父鉄道皆野駅.jpg
  • 秩父鉄道SL 看板.jpg
  • 秩父鉄道 SLのぼり.jpg
  • 茨城那珂工場 仮看板 29jan2019.jpg
  • 茨城那珂工場 梱包室 29jan2019.jpg

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.28-ja